防ぐ為には

B型肝炎ウイルスの感染ルートは大きく3つあると考えられており、母子感染をはじめ性交渉血液感染によって感染されると言われています。中でも、性交渉による感染に増加傾向が見られます。感染を防ぐ為には、一人一人が正しい知識を持ち、注意しながら性交渉を行うようにしなければなりません。キスしただけでも感染することもありますので注意が必要です。

反対に、現在は母子感染が原因になることはほとんどありません。これは、ワクチン接種のおかげです。このワクチンは、日本では無料で行われています。

B型肝炎の感染を防いで行く為には、母親がキャリアの場合は子供にワクチンを打つことが有効です。また、既に大人になっている方であってもワクチンを接種することはできますので、気になる方は医療機関に相談してみてください。

また、2016年10月より、B型肝炎ワクチンが定期接種化となっています。他にもカミソリや歯ブラシの貸し借りをしないことも予防に繋がります。血液や唾液で感染することがあるからです。そして、性交渉に注意することが必要。ピアスの穴を開ける時も、ピアッサーを貸し借りすることは止めましょう。現在B型肝炎ウイルスの保有者が、日本では150万人いると言われています。