特定B型肝炎ウイルス感染者給付金について

日本では、戦後から長い間予防接種の際注射器を使いまわしていた過去があります。これが原因で、多くの人がB型肝炎に感染したとされています。現在では注射器の使い回しはもちろん行われていませんが、過去に行われていた予防接種の注射器の使い回しによって、今もB型肝炎で苦しんでいる方も少なくありません。最初に紹介したように、日本ではおよそ150万人のB型肝炎キャリアがいるとされているのですが、この内のおよそ40~45万人が、過去の集団予防接種によって感染した人達だとされています。

その後集団感染訴訟があり、原告と国の間で基本合意が締結。国から「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」に基づいて、給付金等が支給されることになりました。給付金の支給者と認定される為には、いくつかの条件があります。

そして、国を相手とした訴訟と裁判上での和解手続きが必要です。また、法務局に母子手帳と血液検査結果、医療記録など必要なものを提出する必要があります。こうした給付金を受け取るまでの手続きは個人で行うのは負担が大きいですので、専門的な知識のあるB型肝炎弁護士に手続きを依頼することをおすすめします。B型肝炎を扱っている法律事務所などを探してみると良いでしょう。

給付金の支給対象者であると認められたら、社会保険診療報酬支払基金に和解調書を提出し請求。病態によって決められている支給金を受け取ることができます。死亡した場合や肝がん、重度の肝硬変の場合は、3,600万円となっています。

防ぐ為には

B型肝炎ウイルスの感染ルートは大きく3つあると考えられており、母子感染をはじめ性交渉血液感染によって感染されると言われています。中でも、性交渉による感染に増加傾向が見られます。感染を防ぐ為には、一人一人が正しい知識を持ち、注意しながら性交渉を行うようにしなければなりません。キスしただけでも感染することもありますので注意が必要です。

反対に、現在は母子感染が原因になることはほとんどありません。これは、ワクチン接種のおかげです。このワクチンは、日本では無料で行われています。

B型肝炎の感染を防いで行く為には、母親がキャリアの場合は子供にワクチンを打つことが有効です。また、既に大人になっている方であってもワクチンを接種することはできますので、気になる方は医療機関に相談してみてください。

また、2016年10月より、B型肝炎ワクチンが定期接種化となっています。他にもカミソリや歯ブラシの貸し借りをしないことも予防に繋がります。血液や唾液で感染することがあるからです。そして、性交渉に注意することが必要。ピアスの穴を開ける時も、ピアッサーを貸し借りすることは止めましょう。現在B型肝炎ウイルスの保有者が、日本では150万人いると言われています。

B型肝炎とは

B型肝炎ウィルスを持っている母親が赤ちゃんを出産する際に、血液を介して赤ちゃんにウィルスがうつる場合があります。また、性交渉による感染もあり、現在はこれが原因になっている感染が増えてきています。感染を予防する為には、セックスの際にはコンドームを用いることが必要です。また、性交渉以外であっても、血液が付着したり唾液によってうつることもありますので注意が必要です。

また、この他にも刺青の針の使い回しや、麻薬注射の回し打ち、ピアスの穴を作る時に使うピアッサーの使い回しによって感染することもあります。輸血や臓器移植、治療に使われる血液製剤によって感染する場合もあります。

B型肝炎には、「B型急性肝炎」と呼ばれるものと、「B型慢性肝炎」とがあり、それぞれ治療法が異なります。B型急性肝炎である場合、劇症肝炎でなければ基本的に肝庇護薬は使用しません。水分や栄養を摂りながら、B型肝炎ウイルスが体の外へ出ていくまで待つことになります。

劇症肝炎の場合は、血液透析や血漿交換、抗ウイルス薬などを用いて治療を進めていきます。またB型慢性肝炎の場合は、治療を行うことになります。しかしながら、現在はまだ体内から全てのB型肝炎ウイルスを取り除くことはできません。

かつて日本では、幼児期に集団予防接種を受ける際、注射針や注射筒を使いまわしていたことがありました。これが原因で、感染した人も少なくありません。そして現在、こういった方を対象に国が給付金を支給しています。ここでは、B型肝炎と給付金について紹介します。