特定B型肝炎ウイルス感染者給付金について

日本では、戦後から長い間予防接種の際注射器を使いまわしていた過去があります。これが原因で、多くの人がB型肝炎に感染したとされています。現在では注射器の使い回しはもちろん行われていませんが、過去に行われていた予防接種の注射器の使い回しによって、今もB型肝炎で苦しんでいる方も少なくありません。最初に紹介したように、日本ではおよそ150万人のB型肝炎キャリアがいるとされているのですが、この内のおよそ40~45万人が、過去の集団予防接種によって感染した人達だとされています。

その後集団感染訴訟があり、原告と国の間で基本合意が締結。国から「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」に基づいて、給付金等が支給されることになりました。給付金の支給者と認定される為には、いくつかの条件があります。

そして、国を相手とした訴訟と裁判上での和解手続きが必要です。また、法務局に母子手帳と血液検査結果、医療記録など必要なものを提出する必要があります。こうした給付金を受け取るまでの手続きは個人で行うのは負担が大きいですので、専門的な知識のあるB型肝炎弁護士に手続きを依頼することをおすすめします。B型肝炎を扱っている法律事務所などを探してみると良いでしょう。

給付金の支給対象者であると認められたら、社会保険診療報酬支払基金に和解調書を提出し請求。病態によって決められている支給金を受け取ることができます。死亡した場合や肝がん、重度の肝硬変の場合は、3,600万円となっています。